大田区で建てる注文住宅パーフェクトガイド

大田区で建てる注文住宅パーフェクトガイドこれで完璧!大田区で理想の注文住宅を建てるための情報集

大田区のいちおし注文住宅会社PICK UP!

大田区の注文住宅購入で役立つ情報が満載!

大田区の注文住宅パーフェクトガイドおすすめの工務店情報から施工事例まで、大田区で注文住宅を建てるなら必見の情報を集めたこのサイト。

耐震性、健康への配慮、快適さを重視した注文住宅の最先端技術も紹介していますので、大田区で理想のマイホームをとお考えのご家族は、じっくりとご覧ください。

大田区でおすすめの注文住宅会社ベスト5を発表!

上記のページでは、注文住宅の安全性、快適さ、提案力、保証などの要素を基準に選んだ、大田区でおすすめの注文住宅会社ベスト5を発表しています。

ここでは一足先に、1位~3位に選ばれた会社をご紹介しましょう。もっと詳しく特徴を知りたい方は、ランキングのページをぜひご覧ください。

  • 「しあわせ設計の家」 (ビーテック)

ビーテックの注文住宅家族の希望やライフスタイルなどを念入りに聞き取り、最適な設計プランを提案。狭小地での設計や2世帯住宅、介護に向いた住宅設計など、理想に沿ったマイホームを建築してくれます。

高度な耐震設計、先進の断熱材や自然素材による快適な家造り、そして柔軟な提案力をもとに、こちらの理想を叶える注文住宅を建ててくれる会社です。

見積もりを明確にすることで、コストパフォーマンスを高めることにも注力しています。震災で全壊した場合の100%保証を、建築後30年先まで実施しており、安心感もあります。

「しあわせ設計の家」の施工事例を見る 
  • 第2位 「ピスコホーム」(平安住宅)

    ナチュラル、シンプルモダン、レジェンドの3つのスタイルを取り入れた「ゼストハウス」を手がける会社です。オーダーメイドならではの工夫を凝らしたマイホームを、低コストで建てることをモットーにしています。

    ピスコホームの注文住宅

  • 第3位 「創建舎」

    施主が求める理想の住まいをカタチにすることを第一に考え、さらに長寿命で省エネな住まいづくりを目指している住宅会社です。会社の理念として掲げる4つのこだわりをもとに、自然のエネルギーを最大限に利用した快適なマイホームを建築してくれます。

    創建舎住宅の注文住宅

注文住宅の購入で知っておきたい基礎知識集

大田区で注文住宅を建てる際に、ぜひ知っておきたい知識をまとめたのが「注文住宅会社(工務店)を選ぶポイント」と「安全・快適な注文住宅づくり最前線」のコーナーです。

  • 見積もり内容がわかりやすいかや、柔軟な提案力があるかなど、大田区の注文住宅会社を選ぶときにポイントになる要素を解説しています。
    信頼できる工務店を選ぶことは、理想のマイホームを手に入れる第一歩。ぜひ参考にしてみてください。
  • 家造りの技術や素材も年々進歩を続けていて、より安全性や快適さに優れた住宅が建てられるようになっています。このコーナーでは、そんな注文住宅造りの最新技術や素材に関する情報をまとめました。こうした技術や素材を取り入れているかも、工務店選びの基準にするといいでしょう。

大田区の住環境ってどうなの?

大田区の特徴

大田区は東京23区域の最南端に位置する区で、多摩川を隔てて神奈川県と接しています。羽田空港があることでも有名な地域です。23区で最も面積が広く、都心から離れています。区内を大きく分けると、大森地域、調布地域、蒲田地域、糀谷・羽田地域の4地区です。

大森地域は町工場が集まっていて、製造業が盛んです。山側には自然が多く残っています。
調布地域は閑静な住宅街がメインです。四季折々の自然を楽しむことができます。史跡も多く、歴史を感じられるでしょう。
蒲田地域は多摩川に面しており、河川敷ではスポーツができます。蒲田駅周辺には商業施設も豊富です。
糀谷・羽田地域は羽田空港があり、国際的な玄関口と言えるでしょう。多摩川の河口付近には生き物が多く、自然を感じられます。

製造業が盛ん

大田区は京浜工業地帯の中核として、日本有数の産業集積地域となってきた場所です。製造業の中でも、金属製品製造業、生産用機械器具製造業、電気機械器具製造業の順で従事者が多くなっています。

しかし、工業統計調査によれば大田区の製造業の事業所は徐々に減少中。特に2008年~2009年はリーマンショックのあおりを受けて、事業所数が大きく減少しました。事業所数の減少に伴い、製品出荷額も下向いている状況です。

大田区では2009年3月に「大田区産業振興基本戦略」を発表。これには、多様な基盤技術集積の維持や発展可能性を高める環境の創出、世界へ向けたものづくりの発信の支援、ものづくり産業のサービス機能の支援強化といった指針が盛り込まれています。

独立行政法人 労働政策研究・研修機構「中小製造業(機械・金属関連産業)における人材育成・能力開発―製造業集積地域での取組み― 第6章 東京都大田区における取組み」

工場の街であり高級住宅街でもある

大田区は面積が広いこともあって、さまざまな面を持っています。区の北西部に位置する田園調布は日本でも有数の高級住宅街。そのため、「大田区に家を建てるのはちょっと難しいのでは?」と思う方もいるしれませんが、区全体で1住宅あたりの延べ面積を算出すると62.4平米。田園調布があるからといって、区内すべてが大豪邸というわけではないのです。1住宅あたりの居住室数は23区中11位、1室当たりの人員数は23区中20位となっており、決して豪邸ばかりではありません。

町工場が多いのも大田区の特徴です。工場数、従業者数、製造品出荷額は23区で1位を獲得しています。工場といってもそのほとんどは小規模な工場で、従業員1~3人という町工場が多いです。1事業所当たりの出荷額は23区中6位となっています。

都内ではゆったり暮らせるエリア

大田区は23区中で最も都心から離れていますが、裏を返せばそれだけのんびりしているということ。人口密度は東京23区で19番目となっています。

山も海もあり、豊かな自然を感じられるのも魅力のひとつ。大森地域には「大森ふるさとの浜辺公園」があり、磯遊びを楽しむことができます。東京都立東京港野鳥公園は野鳥をはじめとしたさまざまな生き物が見られるスポット。多摩川の河川敷では野球などのスポーツを楽しむことができます。都心の混雑を避けてゆったり暮らしたい人におすすめです。

多摩川周辺には豊かな住環境が広がる

多摩川周辺は大田区の中でも屈指の住環境が揃っています。ベランダから水面を眺めるだけでも癒やされますし、魚釣りやサイクリングを楽しむことも可能。四季折々の自然を感じることができるでしょう。

雑色駅前には大田区内で最大の店舗数を持つ雑色商店街があります。大型スーパーもあるため、生活には困りません。雑色駅から品川駅まで15分、横浜駅まで15分というアクセスの良さも人気です。

住民間で問題を解決する人柄

大田区は町工場が多いと聞くと、騒音や振動など住環境を心配される方が多いかもしれません。実際のところ苦情はそれほど多くなく、自分たちで解決する姿勢が感じられます。古くから住宅地と町工場が共存してきた歴史があるからでしょう。

また、大田区に町工場が多いと言っても、全域に町工場があるわけではありません。住環境を心配される人は、工場のないエリアを探すと良いでしょう。

国立国会図書館デジタルコレクション「調査季報. (38) 東京都大田区糀谷地区荒川区荒川地区の場合」

大田区に住むならどのエリア?

大田区で人気のエリアは鵜の木・池上・大森・久が原・雑色・雪谷・山王などです。中でも住みやすいと言われているのが東急多摩川線鵜の木駅周辺。治安が良く静かなため、ファミリー層を中心に人気があります。駅前には昔ながらの面影を残す商店街があり、楽しく買い物できることでしょう。スーパーやコンビニもあります。少し歩くと多摩川があり、ジョギングをしたり、自然に親しんだりできるのも魅力です。

 
大田区で建てる注文住宅パーフェクトガイド