大田区で建てる注文住宅パーフェクトガイドこれで完璧!大田区で理想の注文住宅を建てるための情報集

大田区のいちおし注文住宅会社PICK UP!

HOME » 安全・快適な注文住宅づくり最前線

安全・快適な注文住宅づくり最前線

家造りの技術やノウハウも年々進化していて、より安全で快適な住まいを持てるようになっています。ここでは、注文住宅にも活かされている家造りの最新技術を紹介。こうした要素を取り入れているかどうかも、大田区で注文住宅会社を選ぶポイントになりそうです。

地震対策・健康への配慮・断熱に見る注文住宅造りの最前線

現代の家造りでは、安全で、快適で、エネルギー効率も良いことが理想になっています。自由設計の注文住宅となると、そのこだわりもより強くなることでしょう。

そんな世の中のニーズに応えるべく、建築の技術も日々進化を続けています。このカテゴリでは、地震対策、健康への配慮、断熱の3つの視点から、家造りの先進技術を調べてみました。

地震対策

やはり東日本大震災の影響も大きいのか、地震対策にこだわって注文住宅を建てる方も増えてきました。大規模な地震が起きた場合、家屋の破損を抑えるのは非常に難しいことです。

しかし、従来の方法ではなく、新たな技術を持って地震対策に取り組むことが可能となっています。

従来の人員対策の基本となるのは実建の基礎を固めて強度を高めた耐震、建物の揺れを吸収する制震、免震装置を使って地震のエネルギーを建物に伝えないための免震の3つ。これに加え、新しい地震対策として頑強な基礎工事によって建物を支える超制震住宅や、地震が起きた場合に基礎の間に空気を入れて建物を浮かせるエアー断震なども登場しました。

東京では東京湾北部地震のほか、多摩直下地震や元禄型関東地震など、様々な地震が予想されているため、そういったものにもしっかり備えられる家を作っておくことが重要です。もちろん、注文住宅で地震対策をしておけばそれだけで良いわけではなく、家具を安全な配置にしたり、落下防止のための対策をとることも非常に重要です。

また、収納を工夫するなど、いろいろな対策が取れるでしょう。こういった基本的な対策に加え、地震に強い注文住宅を目指してみたらどうでしょうか。

健康への配慮

自宅は、1日の中でも長時間を過ごすところということもあり、安全性にも十分に気を付けなくてはなりません。シックハウス症候群とは、壁や床、家具などに含まれる化学物質が私たちの健康をこそこねてしまう厄介な症状のこと。

家を作る素材には様々な化学物質や有機溶剤が使われており、これらが空気中に含まれるようになるとアレルギーやストレスの原因に繋がってしまいます。

ホルムアルデヒドだけでなく、トルエン、キシレン、トリメチルベンゼン、可塑剤など、実に様々な化学物質が原因となるのですが、こういったものに配慮した壁材なども登場しているので、アレルギーが心配な方は健康に配慮した家づくりを行ってみましょう。体に優しい素材といっても、様々な種類があります。

もちろん、物によってコストや安全性の高さも異なってくるので、各素材の特徴などを含めた上で自分にとって最も合っているものを選択することが大切です。

今となっては自然素材の壁材を活用した注文住宅作りは常識になっているとまでいわれているので、最先端の素材情報をチェックし、納得いく注文住宅づくりに挑戦してみてはどうでしょうか。実際に、アレルギー対策ができる壁にしたところ、子どものアレルギー症状が落ち着いたといった事例もあります。

断熱材

近年は省エネの注目が集まっており、断熱材も良いものを取り入れる人が増えてきました。家を建ててから断熱材についても遅いので、注文住宅を建てる場合、事前に良く考えておかなければなりません。断熱材には様々な商品があり、それぞれ特徴も異なります。

代表的なのは繊維系の断熱材と発泡系の断熱材の2つ。繊維系として代表的なのはグラスウールやロックウールといったものです。一方で発泡系といわれるのは、押出法ポリスチレンフォームやビーズ法ポリスチレンフォームといったもの。

それぞれの特徴についてご紹介するので、どちらが向いているのか検討してみてくださいね。どの素材を選ぶのかによってアレルギーの心配なども変わってきます。

また、これらに加えて近年は最新の断熱材としてアルミ遮熱材や発泡ウレタンといったものも人気を集めているのです。断熱材をうまく活用することにより、電気代を抑えられるだけでなく、自然派の家づくりにも繋がるでしょう。

冷房と暖房両方の効率性を高めることもできるので、より過ごしやすい家を作りたいと思った場合に、断熱性についてよく考えることは必須だともいえます。

断熱機能が整っていないようだと冷房費・暖房費が無駄に増えてしまうので気をつけなければなりません。

耐震・制震・免震を超える地震対策

これまでの地震対策といえば耐震・制震・免震が基本でした。最近では、最先端の技術を用いた、建物を鉄筋コンクリートで支える超制震住宅、揺れを察知した瞬間に基礎の間に空気を入れて建物を浮かせるエアー断震などがが話題となっています。

こちらのページでは、施工事例についてまとめているほか、過去に起きた震災の情報についてもご紹介しているので、地震に強い家づくりをしたいと思っている方は参考にしてみてください。

「耐震・制震・免震を超える地震対策」について詳しくはこちら>>

健康に配慮した家造りの最先端技術

住宅を建てる際に注意しなければならないのがシックハウス対策です。せっかく家を建てたのに健康被害が起きてしまうようでは困りますよね。

これは、壁や床、タンス、カーペット、棚などの家の材質に含まれている化学物質が健康被害をもたらすものです。そこで、健康に配慮した壁材に注目しました。ビーテックが採用している「しあわせ塗り壁」について解説します。自然素材の材料で建てた家を作りたいと思っている方におすすめです。

「健康に配慮した家造りの最先端技術」について詳しくはこちら>>

断熱材の種類と効果比較・最新版

注文住宅で使われている素材はいろいろありますが、従来の断熱材の種類といえば繊維系、発泡系が主流でした。近年は、最新の断熱材として、アルミ遮熱材、発泡ウレタンなどが使われています。

断熱材の質が高ければ高いほど快適な家になるので、非常に重要なポイントだといえるでしょう。それぞれの特徴や、注意しておきたい点についてまとめているので、断熱材について理解した上で注文住宅を建てたい方は参考にしてみてください。

「断熱材の種類と効果比較・最新版」について詳しくはこちら>>

家族全員がずっと住みやすい家を造るポイント

今の自分にとって必要な家を考える方も多いのですが、住宅は長期にわたって住むものです。そのため、将来的な暮らしやすさについてもよく考えておかなければなりません。

例えば、バリアフリーの注文住宅を建てることも検討してみてはどうでしょうか。その際には、バリアフリーについて理解した上で生活の動線を考えたり、通路の幅についても検討する必要が出てきます。トイレの位置と広さや玄関のスロープなどおさえておきたいポイントをまとめました。

「家族全員がずっと住みやすい家を造るポイント」について詳しくはこちら>>

大田区の注文住宅で水害対策はどうする?

災害には様々なものがありますが、水害対策についても考えておきましょう。特に大田区は武蔵野台地と海・川沿いの低地であるため、万が一のことについても備えておく必要がありますよね。

ハザードマップを確認し、どの地域の危険性が高いのか押さえておくと安心です。こちらのページでは、注文住宅を大田区で建てる際の水害対策についても解説しているので、水害にしっかり備えたいと思っている方は参考にしてみてください。

「大田区の注文住宅で水害対策はどうする?」について詳しくはこちら>>

経済産業省が推進する省エネ注文住宅ZEHと補助金制度とは?

ZEH(ゼッチ)といえば、経済産業省によって推奨されている省エネルギーを実現するための仕組みのことです。例えば、外皮の断熱性能を高めるだけでなく、設備システムを取り入れて室内環境の質をあげるなど、様々な項目が定められています。

再生可能エネルギーを利用した自然派の家を建てたいと思っている方は参考にしてみてくださいね。国から推奨されているシステムということもあり、注文住宅を建てる際にはぜひとも検討したいところです。

「経済産業省が推進する省エネ注文住宅ZEHと補助金制度とは?」について詳しくはこちら>>

関連ページ一覧

  • 「しあわせ設計の家」
    (ビーテック)

詳しくはこちら

  • 「ピスコホーム」
    (平安住宅)

詳しくはこちら

  • 「創建舎」

詳しくはこちら

 
大田区で建てる注文住宅パーフェクトガイド