大田区で建てる注文住宅パーフェクトガイドこれで完璧!大田区で理想の注文住宅を建てるための情報集

大田区のいちおし注文住宅会社PICK UP!

HOME » 安全・快適な注文住宅づくり最前線 » 耐震・制震・免震を超える地震対策

耐震・制震・免震を超える地震対策

注文住宅の耐震性を高める、最先端の技術について解説しています。

揺れを感じない!最新の注文住宅の耐震技術

東日本大震災によって大きな傷痕が残された今、改めて耐震・制震・免震技術が大きな注目を集めています。

これまでの技術を持ってしても、大規模地震では家屋の破損が起きてしまうことが明らかになりました。これを受けて、これまでの耐震・制震・免震を超えた新しい技術が開発されています。その代表として、超制震技術やエアー断震技術を紹介したいと思います。

耐震・制震・免震

まず、従来の地震対策にはどのようなものがあったのか、まとめてみましょう。

●耐震
耐震住宅とは、建物の基礎を固めることで強度を高める技術です。

建物全体で地震エネルギーを受け止めるため、建物の破損がなかったとしても、部屋の中は大きな揺れが生じます。そのため、家具の倒壊などに注意が必要です。

また、地震で落ちた食器やグラスの破片でケガをするケースが多いそうです。戸棚が開かないようにするなどの対策も必要ですね。

●制震
制震住宅とは、制震材を組み込むことで、建物の揺れを吸収してしまう技術です。これによって建物が揺れにくくなり、また倒れにくくなります。

これは採用する制震材によって効果が大きく異なるという意見があります。大がかりな装置では、効果はあってもコストが高い。そうでないものは、安くても効果が小さい。

コストパフォーマンスに優れているのは、柱にテープ状のブレーキ材を貼るもの。テープが揺れを吸収してくれる上に、破損の心配があまりないので、安心して使うことができます。

●免震
建物と地盤の間に免震装置を置くことで、地震のエネルギーが建物に伝わらないようにするものです。

積層ゴムやローラーベアリングを利用するのが一般的で、耐震住宅や制震住宅よりも安全性が高いと言われています。

ただ、東日本大震災ではその効果にバラつきがありました。大規模ビルについては、地震の許容範囲が大きかったため、震災にも対応できました。しかし、戸建のような小規模物件では免震装置が破損してしまい、揺れに対応できなかったようです。

新しい地震対策

これらの地震対策を超える、新たな地震対策技術が開発されています。

●超制震住宅
これは、これまでの技術をさらに進化させてものです。

鉄筋コンクリートで建物を支える、頑強な基礎工事を行います。また、極太柱と頑強な外壁、横揺れに強い剛性床組工法を採用しています。

さらに、テープ材による制震効果もあるため、震度7クラスの地震にも対応できます。

●エアー断震
また、免震技術を進化させたのがエアー断震住宅です。

建物の基礎を二重構造にしておき、地震を感知すると、基礎の間に空気を入れ、建物そのものを浮かせるという技術です。これは重さ100トンの一戸建てを一瞬で浮かせることができる技術で、大地震があっても揺れを感じないといもの。

●施工事例

それでは、エアー断震住宅の施工事例をひとつ紹介します。

大田区の狭小地に建てられた3階建ての新築戸建て物件です。

隣にも同じ高さの物件がありますが、上手に日光を取り入れた間取りになっています。壁には珪藻土を使い、自然素材とモダンさが両立されたデザインです。

エレベーターがあるため、リビングが3階でも支障がありません。落ち着いた空間で暮らすことのできる、ハイグレードな住宅です。

東日本大震災のときは、部屋でお昼寝をされていたそうですが、揺れを感じずにそのまま休息を取ることができたとか!

前の建物のまま耐震補強をするか、建て替えをするか迷ったそうですが、結果的には最新技術を使って建て替えたのが正解だったのではないでしょうか。

耐震技術が優れているのは?大田区の注文住宅会社BEST5

  • 「しあわせ設計の家」
    (ビーテック)

詳しくはこちら

  • 「ピスコホーム」
    (平安住宅)

URL:http://www.pisco-home.co.jp/

  • 「創建舎」

URL:http://www.soukensya.jp/

 
大田区で建てる注文住宅パーフェクトガイド