大田区で建てる注文住宅パーフェクトガイドこれで完璧!大田区で理想の注文住宅を建てるための情報集

大田区のいちおし注文住宅会社PICK UP!

HOME » 大田区で注文住宅を建てる際のポイント

大田区で注文住宅を建てる際のポイント

注文住宅を大田区に建てたいとお考えの方に知っておくべき注意点やポイントを解説します。

大田区に注文住宅を建てる際の注意点

家を建てるなら注文住宅が良いという人も多いものです。その理由はメリットが多いからだといわれます。

希望や要望が取り入れられる注文住宅は、オリジナル性あふれるその家族独自の住宅です。例えば家族構成に応じた間取りにしたり、将来のためにバリアフリーにしたり、あるいは採光がふんだんに入るように窓を大きくしたりなど設計が自由にできます。

住みやすいことで知られる大田区にもたくさんの注文住宅が建っていますが、どの家も個性豊かな住宅となっています。

自身の個性を活かした、住み心地の良い注文住宅を建てる際には、検討したいポイントがいくつかあります。建てる前にそれらをきちんと押さえることが満足のいく住宅づくりにつながります。

注文住宅は信頼できる業者選びが肝心

まず一つ目は、信頼できる会社に依頼することです。大田区にも評判の良い会社が複数がありますので、その実績や評判を参考にして比較検討し、決定すると良いでしょう。

また注文住宅の場合、設計の段階から完成に至るまで長い付き合いとなりますので、相談しやすい会社であることもポイントになります。施主の要望に熱心に耳を傾け、親身になって相談に応じてくれるところなら付き合いやすく安心です。

それから各注文住宅会社には建材や工法など、その会社ならではのこだわりと特徴がみられます。そのため自分の希望に叶うものになるよう、各会社の特徴を比較して判断することもポイントの一つです。

そして比較する際には保証やサポートに関しても検討するようにします。人気のエリアである大田区では現在も多くの人が注文住宅の建築を考えています。家は一生に一度の買い物といわれますので、予めポイントを押さえて十分検討し、満足のいく家づくりを心掛けましょう。そうすることが家族にとって快適で住み心地の良い家の完成につながります。

立地環境を調べる

注文住宅を建てる場合、単身世帯と一般世帯によって、求める地環境はそれぞれ違ってきます。それぞれにあった立地環境を調べるには、地域の行政関連サイトなどに情報がわかりやすく掲載されています。

  • ・さいたま市の都市計画情報「さいたま市地図情報」
  • ・学校関係情報「さいたま市住まい・引越し」
  • ・さいたま市を総合的に紹介する情報誌「さいたま市暮らしのガイド」

「立地環境を調べる」について詳しくはこちら>>

地盤調査は欠かさずに

注文住宅を建てる際、その場所の地盤の上に建物が建設可能であるかを判断するために、調査が必要になります。調査とは、必要となる地盤の性質を把握したり強度を測定したりすることを指します。地盤が弱いところに家を建ててしまうと、後々、さまざまな弊害が起こりやすくなります。また、家を建てた後の地盤改良は難しいため、事前の調査は欠かすことはできません。

「地盤調査は欠かさずに」について詳しくはこちら>>

注文住宅の節約のポイントとは?

節約をするために、予算の都合上削っても支障のない箇所「内装部分をコストカットする」という方法があります。部屋数や、内装の壁の数が多くあると、その分コストがかかってきてしまいます。気持ちは「欲しい」けれど「なくても大丈夫」と思える部屋やインテリアをカットしたり、壁を取り払い、スペースを広く活用したりすることで、節約をすることに繋がります。

「注文住宅の節約のポイントとは?」について詳しくはこちら>>

大田区の住宅相場

家を建てる時には、土地が必要になります。まず、土地価格の相場を見てみましょう。

  • ・坪単価179万円/坪 5,370万円/30坪 7,160円/40坪 8,950円/50坪 10,740円/60坪 12,530万円/70坪

最終的な住宅価格は「土地相場+建築費用+α」で決定されます。「坪数×30万~50万円」となるため、例えば30坪の場合は、900万円~1,500万円の建築費用が必要になります。5,370万円/30坪に、この数字を足すと6,270万~6,870万円の費用が必要になります。

「大田区の住宅相場」について詳しくはこちら>>

大田区の住宅助成金

大田区では、住宅のリフォーム費用の一部が助成されます。助成対象工事は、総工事費用が10万円以上であり、区が定める「バリアフリー化」「環境への配慮」「防犯・防災対策」「住まいの長寿命化に関する」工事が対象です。

参考:大田区:平成30年度 住宅リフォーム助成事業のご案内

工事が開始される前に、住宅リフォームについての相談と合わせて、仮申請の手続きが必要となります。工事着工後の相談や仮申請はできないため、受付期間を確認の上問い合わせをしてください。

「大田区の住宅助成金」について詳しくはこちら>>

大田区に住むメリット

大田区は駅周辺が栄えていて、電車による交通の便が良いというところにあります。品川や東京、横浜へもアクセスが良く、通勤はもちろん、買い物など少しのお出かけにもとても便利です。
区役所など公的な施設へは駅からも近く、総合病院も多くあり、医療機関が充実しているため、子どもからお年寄りまで安心して生活することができます。

「大田区に住むメリット」について詳しくはこちら>>

資金計画のときに知っておきたいこと

家を建てる際に、最初に行う資金計画。例えば2,000万円の予算があった場合、その金額で注文住宅が購入できるわけではなく、付帯工事費や諸経費などが必要なるため、実際は予算プラス30%を見込んでおかなければいけません。予算オーバーを回避するためには「準備できる金額を決めてから建築する家の資金計画を立てる」ことが、まず必要となるでしょう。

「資金計画のときに知っておきたいこと」について詳しくはこちら>>

選び方をチェック!大田区にある注文住宅でサポートがいい会社は?

カタログや公式サイトの資料や情報には、住宅会社にとって都合のよいことだけが掲載されている場合があります。トラブルを避けるためにも住宅会社を選ぶ際に大切なことは、依頼者の要望に合わせた情報を比較して選ぶことです。そのためには「見積もり」をとることが大前提。
大田区にある注文住宅でサポートがいい会社は「しあわせ設計の家」「ピスコホーム」「創建舎」がBest3にピックアップされています。

「選び方をチェック!大田区にある注文住宅でサポートがいい会社は?」について詳しくはこちら>>

税制優遇が受けられる長期優良住宅とは?

環境破壊の影響で、限りある資源が減少している昨今。長期優良住宅とは、こういった環境問題に配慮された、長期にわたり良好な状態で使用するための構造などがされている、住宅のことを指します。所管行政庁に申請し、基準に適合すると認められた場合、認定を受けることができます。税制の優遇となるものは「住宅ローンの控除」「不動産取得税の控除額」「登録免許税の控除」「固定資産税の減額とその期間」が、あげられます。

「税制優遇が受けられる長期優良住宅とは?」について詳しくはこちら>>

見積書のチェックポイント

注文住宅を契約する時、トラブルを回避するためにも事前にしっかりと確認が必要になります。

  • ・記載内容が一式表示になっていないか
  • ・材料や商品名が明記されているか
  • ・工事内容、使用材料、仕様書、図面が確認できる状態か

専門家でない限り、見積書の内容だけで判断することはとても難しいものです。納得いくまで工務店に説明をしてもらうようにしましょう。一生ものの買い物です。購入者側が遠慮することなく、しっかりとした話し合いが望まれます。

「見積書のチェックポイント」について詳しくはこちら>>

  • 「しあわせ設計の家」
    (ビーテック)

詳しくはこちら

  • 「ピスコホーム」
    (平安住宅)

URL:http://www.pisco-home.co.jp/

  • 「創建舎」

URL:http://www.soukensya.jp/

 
大田区で建てる注文住宅パーフェクトガイド