大田区で建てる注文住宅パーフェクトガイドこれで完璧!大田区で理想の注文住宅を建てるための情報集

大田区のいちおし注文住宅会社PICK UP!

HOME » 大田区で注文住宅を建てる際のポイント » 注文住宅の節約のポイントとは?

注文住宅の節約のポイントとは?

注文住宅で家を建てる場合、建売と違ってトータルでいくらかかるのかが気になるところ。 少しでもコストダウンをしようと思った場合、どこかで節約ポイントをつくっていかなければなりません。 資金に余裕があったとしても、予算をはるかにオーバーしてしまうのは考えもの。そこで今回は、注文住宅における節約のポイントについて見ていきたいと思います。

住まいの表面積を減らす

コストダウンというと、基本的には住まいの中で不要となる部分をカットしていくことになります。それによって、必要なものは残し、不要なものは削除して、理想的な住まいができあがります。 最優先事項としては「構造体」、次に外壁などの「表皮部分」となりますが、この構造体のうち、正方形に近い形がもっともコスト削減につながります。

家の屋根などについても、凹凸が少なければ少ないほど表面積が減り、建物を造っていく手間や費用がかからなくて済むため、コストダウンが実現します。 住まいの形を決めるコツとしては、土地の形などから外形を決めておき、そこから具体的な中の間取りを考えていきます。 場所によっては、長方形の家しか造れなかったり、土地の関係で正方形が難しい場合もあるかもしれませんが、できるだけ凹凸の少ない平面に整えることを目標にしてみてください。

特殊な機能や設備を省いてシンプルに

住まいの中の間取りや構造を考える際、吹き抜けや中庭など特殊な間取りにしてしまうと、そのぶん費用がかかってしまいます。飾り窓や入り組んだ形状の室内なども同様です。 そうした機能を除き、必要最小限の間取りにすることで、価格を抑えることができます。

キッチン・照明・水周りなどの設備機器も、最初からいきなり高級なものを揃える必要はありません。使用しているうちに壊れてしまう可能性がありますし、いわゆる消耗品の一種と考えれば、安価なものを選んでも問題はありません。 キッチンなどは各メーカーによってランクがありますが、食器洗浄機付きのものやIHクッキングヒーターなど、さまざまな機能が揃っていたりします。こちらも、機能だけに憧れて選んでしまうと高額になってしまいますので、本当にその機能を使うかどうかを最優先に考えていきたいところです。

DIYや知人への依頼でコストをカットする

部屋の内部に関して、大幅なコストカットを可能にしてくれるものが「DIY」です。 棚を付けたり、押し入れなどの収納スペースを造ったりと、自分でできるところは自分でやってしまった方が早い場合があります。

インテリア・エクステリアともに可能なかぎりDIYを施していきたいところですが、難しい場合はDIYを得意とする知人や近隣の方に依頼したり、安く請け負ってくれるところにお願いをするなどして対応してもらうと良いでしょう。

後からでも追加できるものは付けない

注文住宅の場合、はじめにまとまったお金が必要になるということもあり、初期費用はできるだけ抑えておきたいところです。

そこで、後からでも追加できるものはあえて付けないようにします。細かいところでいえば浴室のテレビ、玄関のフットライトや手すり、自宅の各所に設置する照明なども、後からプラスできます。 はじめから「高級感」「特別感」を重視してしまうと、価格はどんどんと跳ね上がります。後からでも交換が可能なものや、すぐに壊れてしまいそうな設備などはあえて付けずに、家ができあがってから徐々に足していく方法をおすすめします。

設備に関しては、メンテナンスがしやすいかどうかも重要です。キッチンや水周りなどに高級な機器を導入した場合でも、長く使ううちにメンテナンスが必要になります。 かえってシンプルなものの方が長く使える可能性がありますので、長く使えるかどうか?を考えながら選ぶのも一つの方法です。

  • 「しあわせ設計の家」
    (ビーテック)

詳しくはこちら

  • 「ピスコホーム」
    (平安住宅)

詳しくはこちら

  • 「創建舎」

詳しくはこちら

 
大田区で建てる注文住宅パーフェクトガイド