大田区で建てる注文住宅パーフェクトガイドこれで完璧!大田区で理想の注文住宅を建てるための情報集

大田区のいちおし注文住宅会社PICK UP!

HOME » 注文住宅会社(工務店)を選ぶポイント » 「工務店」と「設計事務所」の違い

「工務店」と「設計事務所」の違い

工務店と設計事務所の違いとは?

「工務店」と「設計事務所」にはどのような違いがあるのでしょうか。違いについて見ていきましょう。

工務店とは?

工務店は、地域に密着した住宅会社です。いわゆる職人さんや大工さんが住宅を施工しています。そのため施工が外注になることはなく、一貫してすべての工程を同じ会社が担当します。多くの会社は地域に密着する形で営業しているため、家を建てる際に重要となる地域特性を把握している点が特徴となります。

工務店に依頼するメリット

工務店の場合、家主の望んだ通りの家を建てることが可能です。工務店によって得意なデザインやテイストが異なるため、依頼する段階で自身の理想に近い工務店を選択する必要があります。

しかし、依頼した後は、可能な限り家主の理想の家になるよう尽力してくれます。一般的には、工務店の営業担当や設計担当がヒアリングを行い、理想の形になるように努めてくれます。そのためデザインや形状など、ほかにはない特徴的なデザインの家を造ることができるでしょう。

設計事務所とは?

その名の通り設計を担う事務所です。工務店とは異なり、あくまでも設計を担っているため、実際の施工は工務店と組んで行う場合がほとんどです。家づくりに特に力を入れたいと考えている家主は、工務店ではなく設計事務所を直接訪ねるケースも少なくありません。設計に対しての専門知識が豊富であるため、デザイン性が高い家を希望する方が足を運ぶ傾向にあります。

設計事務所に依頼するメリット

設計事務所は「設計」という名が付く通り、設計士が一から設計を担当します。そのため形状が複雑な土地であっても、安心して依頼することが可能です。土地の形状を活かしたオリジナリティが高い建物の建設も十分に可能でしょう。

また、唯一無二の家にしたいという方にもおすすめです。安全面に配慮しながら自由に設計ができる点もポイントです。細部までこだわった家づくりを希望する場合には、設計事務所へ依頼してみましょう。

まとめ

工務店、そして設計事務所には、メリットだけではなくデメリットも存在します。それぞれどのような点がメリット・デメリットになるかは、理想の家の形によって異なります。設計のみを依頼したいのか、設計から施工までを一貫して依頼したいのかによって、依頼すべき先が異なります。

まずは住む人たちを中心に、理想の家を明確にしたうえでどちらに依頼するのかを判断するのが望ましいでしょう。

  • 「しあわせ設計の家」
    (ビーテック)

詳しくはこちら

  • 「ピスコホーム」
    (平安住宅)

詳しくはこちら

  • 「創建舎」

詳しくはこちら

 
大田区で建てる注文住宅パーフェクトガイド