大田区で建てる注文住宅パーフェクトガイドこれで完璧!大田区で理想の注文住宅を建てるための情報集

大田区のいちおし注文住宅会社PICK UP!

大田区で建てる注文住宅パーフェクトガイド » 大田区で注文住宅を建てる際のポイント » 自然素材の家とは?

自然素材の家とは?

リモートワークが増えたことで、自然素材で建てる家に興味を持つ人も多くなりました。自然素材の家はどんな家でしょうか?ここでは、自然素材の家について、メリットとデメリットを紹介します。目的に合っているか確認してみてください。

自然素材で建てる家はどんな家?

自然素材には、無垢材、漆喰、珪藻土、天然リノリウム、コルク材、セルロースファイバーなどがあります。こうした天然の素材を中心に使用して、化学物質が含まれる素材を使わない家を自然素材の家と呼ぶのが一般的です。

自然素材で建てると言っても、建築業者によって、こだわりの無垢材を使用していたり、極力化学物質を含む建材を避けていたり、単に木をたくさん使っていたりなど、その建て方や使う範囲などは異なります。自分のイメージと建築業者のやり方が一致しているかを確認することが大切です。

自然素材にするメリット

体に優しい

建材を自然素材にする大きなメリットは、体に優しい家が建てられることです。化学物質が含まれる建材は、シックハウス症候群やアレルギーの原因になることがあります。自然素材で建てることで、体への負担を軽減できるでしょう。

経年変化が楽しい

自然素材の魅力は、使い込むことによる変化にもあります。色や風合いが変化していき、その家だけの独特な雰囲気を創り出してくれるでしょう。経年変化は、味わいを深めてくれるので、飽きることがありません。

素材の力で過ごしやすい

天然の素材には、素材そのものが本来持つ特性があります。その特性によって、人にとっても住み心地の良い快適な空間にできるのも自然素材の魅力です。たとえば、珪藻土や炭などに備わっているのは、調湿機能です。壁に珪藻土を採用すると、快適な湿度で過ごせます。

自然素材にするデメリット

コストが高め

自然素材のデメリットは、コストが挙げられます。素材を育てるために時間が必要なこと、その素材を扱う職人に技術が必要なことなどの理由から、自然素材を使用した家は、一般的な家を建てるときと比較して価格が高いです。

色や模様のバリエーションが選べない

自然素材は、ナチュラルで素朴な仕上がりになります。派手な色や模様で装飾したい場合には、対応できないものが多いでしょう。木なら木目や節など、その木が持つ模様を楽しむようなデザインになります。バリエーションが選べない点には注意が必要です。

手間がかかる可能性がある

自然素材は、自分でメンテナンスしやすいのも特徴的。たとえば、塗り壁に落ちないキズが付いたとしても、同じ素材を上塗りすれば補修できます。自分でお手入れできるのはメリットでもありますが、手間がかかると感じる人もいるかもしれません。

  • 「しあわせ設計の家」
    (ビーテック)

詳しくはこちら

  • 「ピスコホーム」
    (平安住宅)

詳しくはこちら

  • 「創建舎」

詳しくはこちら

大田区で建てる注文住宅パーフェクトガイド