大田区で建てる注文住宅パーフェクトガイドこれで完璧!大田区で理想の注文住宅を建てるための情報集

大田区のいちおし注文住宅会社PICK UP!

大田区で建てる注文住宅パーフェクトガイド » 大田区で注文住宅を建てる際のポイント » ローコストでも二階建て住宅は可能?~大田区編~

ローコストでも二階建て住宅は可能?~大田区編~

限られた面積で家を建てるとなると、二階建て住宅が理想的です。建築費用を抑えて家を建てられるローコスト住宅でも、二階建て住宅が主流となっています。ここでは、二階建て住宅の種類と二階建て住宅を選ぶメリットについて詳しく解説していきます。

二階建て住宅の種類

日本の特に都心部では土地の大きさに限りがあり、二階建て住宅が一般的となっています。一階と二階が同じようなつくりになっている総二階建てと、二階部分の面積が小さい部分二階について、それぞれの特徴を紹介します。

総二階建て

総二階建てとは一階と二階が同じようなつくりになった二階建て住宅のことを言います。部分共有型の二世帯住宅や一階部分が駐車スペースになっているガレージハウスなども、総二階建てが採用されます。建物部分に面積を有効活用できるため、床面積を無駄なく使えるのが特徴です。土地に限りがある都心部では、総二階建ての住宅が多くみられます。

部分二階

一階よりも二階の面積が小さい住宅を部分二階と言います。リビングなどの共有スペースを一階につくり、寝室や子ども部屋を二階に設けるのが一般的です。二階部分を小さくすることで、コストダウンにもつながります。ただし二階の面積が小さくなってしまうため、家の面積にある程度余裕がある場合におすすめのプランニングです。

二階建て住宅のメリット

二階建て住宅には、どのようなメリットがあるのでしょうか。ここからは二階建て住宅のメリットを3つ紹介します。

建築コスト節約

平屋と二階建て、延べ床面積が同じ場合は二階建て住宅の方が建設コストを節約できます。さらにコストを節約するのであれば、総二階建てがおすすめ。外壁に凹凸部分がない分、材料費が節約できるのでコストダウンが実現できます。

工期短縮

総二階建ての家はシンプルで形状が複雑ではないため、工期が短縮できます。設計が分かりやすい分スムーズに工事を進めることができるため、工期短縮と費用の節約にもつながるでしょう。

耐震性・断熱性・気密性の向上

単純な形状の二階建て住宅は、建物のバランスが良いため耐震性を高めることができます。外壁の面積が小さいことから外気にさらされる範囲も狭くなり、気密性・断熱性の向上も期待できるでしょう。断熱材の施行も、シンプルな二階建て住宅は施工しやすいというメリットがあります。

防犯が期待できる

空き巣は外から部屋の中を覗いて下見をしていることが多いと言われています。二階建ては平屋と比較して、外から見えにくい構造になっていることが多いです。少なくとも、二階の内部は簡単に見えません。そのため、二階建ては防犯効果が期待できます。

二階建て住宅のデメリット

メリットがたくさんある二階建て住宅ですが、もちろんデメリットもあります。平屋か二階建てかは、メリットとデメリットを考慮して決めましょう。ここでは、二階建てのデメリットを3つ紹介します。

デザインがシンプルになる

二階建てにすると、デザインに制約が出てしまいます。予算にもよりますが、外壁面に凹凸がないデザインが基本になるでしょう。そのため、デザインはシンプルになりがちです。色や素材などでシンプルさを活かした工夫をすると個性的なデザインも作れます。

土地選びが難航する可能性がある

二階建て住宅は、道路斜線や北側斜線など、法規制を受けます。高さ制限が厳しい地域では、敷地いっぱいに建てられず、少し奥まった建て方をする必要があるかもしれません。法規制の関係で二階建ての場合は土地選びが難航する可能性があります。

暮らし方を考える必要がある

二階には階段を使ったアクセスになるのが一般的です。二階をどのように使うかが二階建て住宅の暮らしやすさのポイントになるでしょう。最も広い面積を使うリビングをどこに配置するか、水回りをどこにするかなど、暮らし方を考えて間取りを設計する必要があります。

大田区の注文住宅会社えりすぐりランキング詳しくはこちら>>

こんな人が二階建て住宅に向いている

二階建て住宅のメリットとデメリットを踏まえ、二階建て住宅に向いているケースを紹介します。二階建ての住まいでの暮らしをイメージしながら、自分の家族が二階建てのライフスタイルに向いているかどうか考えてみてください。

コストを抑えて住宅を建てたい人

日本の住宅は、一般的に二階建てが多いです。そのため、建築会社では、二階建て向けの建材をたくさん用意しています。スケールメリットがあるため、建材を安く購入可能。それが建築費用に反映されます。コストを抑えて家を建てたいのであれば、二階建てが良いでしょう。

耐震性を向上させたい人

二階建ては、長方形や正方形の組み合わせで建てられます。バランスが良い設計です。一階と二階の柱や壁の位置が一致している箇所の割合が高く、耐震性が高めやすくなります。耐震性を向上させたい人にも二階建てがおすすめです。

形の整った土地を持っている人

二階建ては、長方形や正方形の組み合わせになることから、形が整った土地に建てやすい形状です。変形地の場合、形によっては、二階を設計しづらいことがあります。所有している土地の形が整っているケースでは、二階建てにすることで、空間を有効活用できるでしょう。

こんな人は二階建て住宅は向いていない

二階建て住宅が向いていないのはどのような人でしょうか。基本的には二階建て住宅に向いている人と逆をイメージすることになりますが、ここでは二階建て住宅に向いていないケースを2つ紹介します。

デザインにこだわりがある人

二階建て住宅は、長方形や正方形の組み合わせになり、形がシンプルです。外壁面の凹凸は、屋根形状にも影響するため、シンプルな外壁面の場合はデザインの幅が狭まります。複雑な外観にしたい人やデザインにこだわりがある人は、二階建て住宅が向いていないかもしれません。

複雑な形の土地を持っている人

二階部分を作るとき、いびつな形にはできません。複雑な土地の形に二階建てを建てようとすると、デッドスペースが生まれる可能性が高いです。複雑な形の土地を持っている場合は、二階建てより自由度の高い平屋の方が向いているでしょう。

コストを下げる二階建てにするには

二階建てにするメリットのひとつに、コストを抑えやすい点がありました。このメリットを活かし、コストパフォーマンスを意識した二階建てを建てるときは、収納スペースと2階スペースがポイントになるでしょう。

意識して収納スペースを確保

コストを抑えて二階建て住宅を建てる場合、家全体の面積も小さくなりがちです。その場合、収納スペースを犠牲にしがちですが、収納は暮らしやすさを左右します。収納を立体的に作るなど、意識的に収納スペースを確保すると、コストを抑えて暮らしやすい家になるでしょう。

スペースが余る場合は吹き抜けにする

二階建て住宅では、一階の面積に二階の面積も合わせることになります。二階に無駄なスペースが生じるかもしれません。スペースが余るときには吹き抜けにするのがおすすめ。開放的で気持ちの良い住まいが作れます。

ローコストで2階建てを建てよう

二階建て住宅は、その特徴を理解して設計すれば、シンプルな形で暮らしやすい間取りが作れます。狭い土地でも二階建てならゆとりが生まれるでしょう。ローコストで建てやすいのが二階建ての大きなメリットです。ぜひローコストで理想の家を建ててください。

  • 「しあわせ設計の家」
    (ビーテック)

詳しくはこちら

  • 「ピスコホーム」
    (平安住宅)

詳しくはこちら

  • 「創建舎」

詳しくはこちら

大田区で建てる注文住宅パーフェクトガイド