大田区で建てる注文住宅パーフェクトガイドこれで完璧!大田区で理想の注文住宅を建てるための情報集

大田区のいちおし注文住宅会社PICK UP!

大田区で建てる注文住宅パーフェクトガイド » 大田区で注文住宅を建てる際のポイント » お手頃価格で家が手に入るローコスト住宅とは

お手頃価格で家が手に入るローコスト住宅とは

ローコスト住宅は、一般的な注文住宅の相場と比較して、安い価格で建てられる住宅のことです。全国的なハウスメーカーでは、タマホームやアイフルホーム、アエラホームなどがTVCMなどでも知られています。ローコストで抑えられる理由のひとつが「規格」。注文住宅ではあっても、ゼロから自由に設計するフルオーダースタイルではなく、ある程度の規格があり、その中から選ぶスタイルのことが多いです。間取りや内装、設備などのプランの作り方にメーカーの特徴が現れます。

ローコスト住宅のメリット

ローコスト住宅のメリットは、建て替えのしやすさです。格安住宅のため、一生そのまま住み続けることを想定した設備ではなく、耐久性があまり高くない価格重視の設備を搭載しています。耐久性に優れた設備を使用している場合、まだ耐用年数は余裕があるのに建て替えるのは躊躇してしまいがちです。ローコスト住宅ならライフスタイルに変化があったタイミングで思い切って建て替えやすいのではないでしょうか。土地はあるので建築費用のみで建てられます。

ローコスト住宅のデメリット

設備のグレードの低さがローコスト住宅のデメリットです。たとえばトイレ、キッチン、ユニットバスなど水回りの設備を格安のモノにしている場合、使いにくさなどの不満が出てくる可能性はあります。また、断熱材や壁の素材などもコストを抑えているため、「季節によって室温の差が激しい」「外の音が響く」など、住宅性能の低さを感じるかもしれません。同じ理由で、材質の劣化が早い点もデメリットです。メンテナンスやリフォームをしながら住むことになります。

設備のグレードを上げると、基本プランはローコストでも、オプションによって割高になるケースも。オプションをたくさんつけると、それはもはやローコスト住宅ではありません。ローコスト住宅の性質を理解して、ローコスト住宅がいいのか、フルオーダーの方がいいのか見極めましょう。

ローコスト住宅に向いている人

ローコスト住宅のメリットとデメリットを踏まえて、ローコスト住宅に向いている人はどんな人か紹介します。

シンプルでコンパクトな家で暮らしたい人

個性的でこだわりのあるデザインより、シンプルでコンパクトな家で暮らしたい人には、ローコスト住宅が向いています。シンプルな間取りがいいと考えている人にとって、フルオーダーの家づくりはサービス過剰に感じるかもしれません。規格は大多数の人にとって問題なく暮らしやすい間取りになっているものです。規格から選ぶ家づくりならスムーズに進むでしょう。

住宅や設備にお金をかけたくない人

住宅に大きなお金をかけたくない人、設備に妥協できる人も、ローコスト住宅に向いています。最新式でなくても十分満足に暮らせると人やある程度の期間で交換する予定なら、ローコスト住宅での節約はいい選択です。

  • 「しあわせ設計の家」
    (ビーテック)

詳しくはこちら

  • 「ピスコホーム」
    (平安住宅)

詳しくはこちら

  • 「創建舎」

詳しくはこちら

大田区で建てる注文住宅パーフェクトガイド